なごや医療・介護リクルート

電話の受話器のイラスト

MENU CLOSE
なごや医療・介護リクルート

JOB GUIDE

転職ガイド

介護ドライバーってどんな仕事?仕事内容は給与など解説します!

転職ノウハウ

2021/09/13

介護ドライバーってどんな仕事?仕事内容は給与など解説します!

介護職には介護ドライバーという職種がございます。
それはどんな仕事でどんなシフト、給与なども解説していきます。

介護施設では、施設の利用者様の送迎を行う介護ドライバーという職種がございます。

介護ドライバーはどんな仕事なのか、仕事内容、シフト、給与面を解説していきます。

(本ページでは一般例を説明しています。求人に対しての質問は担当のキャリアアドバイザーまでご連絡ください)

介護ドライバーの仕事内容

介護ドライバーの仕事内容は主に利用者様の送迎を行うお仕事です。

求人のほとんどが毎日送迎が必要なデイサービス関係になります。

基本的には施設の車(ワンボックスが多いです)で利用者様のお宅を訪問

→乗り降りのお手伝い

となりある程度の介護知識が必要となります。

送迎にお一人で伺う場合は介護関係の資格(介護福祉士、初任者研修など)が必要となります。

運転中も体調が悪そうな方はいないか、温度は適切かなど気を配って運転して頂く必要がございます。

1日の流れ

7:00 出社

7:30-9:00 利用者様をお迎え

15:30-18:00 利用者様をお送り

19:00 退社

その間に洗車などが含まれる場合もございます。

一般的にはこのような流れでパートなどが多いです。

給与

時給制が大半を占めます。

時給は1,000円-1,200円前後となることが多く、月収10万円前後が想定できます。

まとめ

運転が好きな方、利用者様に優しく出来る方にはとても向いていると思います。

弊社でも介護ドライバーの求人は多数ございます。

ご希望がございましたら下記よりご登録ください。

 

会員登録・お問い合わせはこちらから

この記事をシェアする

フェイスブックのシェアボタン

ツイッターのシェアボタン

contact usと書かれた筆記体の画像

求人を紹介して終わりじゃない

介護・看護業界で
自分らしく働きたい人のための
徹底的な就職・転職サポート

今すぐ就職サポートを受けたい方はこちら

まずは話を聞いてみたい方はこちら