なごや医療・介護リクルート

電話の受話器のイラスト

MENU CLOSE
なごや医療・介護リクルート

JOB GUIDE

転職ガイド

異業界へ転職!面接のポイントと徹底解説!

転職ノウハウ

2021/08/30

異業界へ転職!面接のポイントと徹底解説!

異業種へ転職ではどうしても面接がネットとなることが多いです。
面接のポイントを徹底解説します。

みなさんこんにちは。

医療・介護業界から他の業界に行く、また他の業界から医療・介護業界へ入りたい方にとって最もハードルが高いのは面接ではないでしょうか?

今日は他業界を目指す方に面接のポイントを解説していきます。

志望動機を考える

面接官側から考えるとなぜその業界を志望したのか?

という点が最も気になるところです。

志望動機は必ず聞かれると思い事前に回答を考えておきましょう。

考え方

なぜ志望したのか?をしっかりと考えなおしてみてください。

その中で過去の体験を伝えるとより説得力が増します。

”はい、私が介護業界を志望したのは祖母の介護に携わった事からです。

祖母が介護施設で大変お世話になりました。

その時のお世話になりました施設、職員の方の働きをみて、

人々に喜びをお伝えできる仕事だと感じ強いやりがいを感じたため志望いたしました”

現職との関連性を探す

未経験の業種であっても、現職で学んだスキル、経験を活かせる部分があるかもしれません。

例えば人とのかかわり方、仕事の進め方、課題解決などが該当しやすいです。

現職と転職先との関連性をうまく見つけて、積極的に志望動機と絡めてみてください。

熱意を伝える

これから勉強します!

では熱意が伝わり辛いです。

いまどんな事で勉強や努力をしているのでしょうか??

特に医療・介護系は後々に資格を取得していくことが重要となります。

まだこれから学ぶ方も具体的に、いつまでに、どうやってを再確認しておきましょう。

まとめ

未経験から新しい業界へ挑戦するときには面接対策もかなり苦戦する場合が多いです。

弊社では求職者の方おひとりおひとりに合わせて面接対策を行っています。

ご相談は下記からお気軽にご登録くださいね。

会員登録・お問い合わせはこちらから

この記事をシェアする

フェイスブックのシェアボタン

ツイッターのシェアボタン

contact usと書かれた筆記体の画像

求人を紹介して終わりじゃない

介護・看護業界で
自分らしく働きたい人のための
徹底的な就職・転職サポート

今すぐ就職サポートを受けたい方はこちら

まずは話を聞いてみたい方はこちら