なごや医療・介護リクルート

電話の受話器のイラスト

MENU CLOSE
なごや医療・介護リクルート

JOB GUIDE

転職ガイド

夏の体調不良にご注意を!「冷房病対策」のご紹介

ニュース

2021/08/02

夏の体調不良にご注意を!「冷房病対策」のご紹介

毎日猛暑日が続いていますね。

私が子供のころから考えてもかなり暑くなってきたように思います。

こう暑さが続くとエアコンも欠かせませんね。

でも使い方を誤ると「冷房病」によって体調を崩してしまうかもしれません。

今日は冷房病の対策をご紹介します。

そもそも冷房病とは?

私たちの身体は外気温によって自動的に体温調整する機能が備わっています。

暑いときには血管を拡張して熱を逃がす、寒いときには血管を収縮させて熱を中に閉じ込めるなどです。

冷房病とは外気温との差が激しすぎたりすることでこの体温調整機能が失われてしまうことです。

冷房病の症状は?

冷房病は人それぞれで違った症状がみられます。

一般的には足腰の冷え、だるさ、肩こり、頭痛、食欲不振、神経痛、下痢、不眠などが多いようです。

冷房病にならないためには

冷房の温度調整をする

一般的に外気温の温度との差が5度以上あると冷房病になりやすいといわれています。

エコのためにも身体のためにも設定温度を28度前後に調整しましょう。

適度な運動をする

自律神経を整えるためにも適度な運動は最適です。

ウォーキングやストレッチ、軽めのランニングなどが最適です。

過度の運動は熱中症にご注意くださいね。

食事で予防する

夏はついつい冷たいものばかり食べてしまいがちです。

体を温める食べ物を「温性食物」といいますが、その代表がショウガ、ネギ、ニンニク、タマネギ、カボチャ、チーズなどです。トウガラシやコショウなどの香辛料にも、同じ効果があります。

また食欲があまりない場合、冷たいものを食べると胃腸を冷やし、かえって体調をくずしかねません。

まとめ

これから猛暑日と続くと予想れています。

冷房病は意外にしつこく中々すっきりしないものです。

早めの予防を心がけて健康に気を付けてくださいね。

会員登録・お問い合わせはこちらから

この記事をシェアする

フェイスブックのシェアボタン

ツイッターのシェアボタン

contact usと書かれた筆記体の画像

求人を紹介して終わりじゃない

介護・看護業界で
自分らしく働きたい人のための
徹底的な就職・転職サポート

今すぐ就職サポートを受けたい方はこちら

まずは話を聞いてみたい方はこちら