なごや医療・介護リクルート

電話の受話器のイラスト

MENU CLOSE
なごや医療・介護リクルート

JOB GUIDE

転職ガイド

【回答例あり】退職理由の答え方

転職ノウハウ

2021/06/17

【回答例あり】退職理由の答え方

介護、看護の業界での面接ではかなり高い確率で聞かれるだろう

”前職をやめた(やめたい)理由は何ですか?”

という質問の回答の考え方、回答例をお伝えしていきます。

 

質問の意図

介護、看護の業界は人員の回転率がとても高い業界です。

そのため同じ理由でやめないだろうか、長期で働いてくれるだろうかという点の確認が主な目的です。

ここをしっかり理解しておくことで的外れな回答にならないので覚えておいてくださいね。

 

NGな回答例

基本的にネガティブな理由や辞めておいたほうが無難です。

具体的には

・人間関係の悪化
→人間関係の構築に難がある方だと認識されてしまいます

・上司が無能で
→上司のせいにして自分では努力したの?

・腰痛が原因で
→介護、医療にはつき物なので厳しい結果になることが多いです。

 

望ましい回答例

基本的には志望動機とつながることがとても大切です。

志望動機で○○したいと言ったこと、言いたいと思っている事と繋げましょう。

・○○の資格をとり○○にステップアップし、利用者様に○○で貢献したい。
→前職で実現できないのであれば一番無難なパターンです。

 

回答例

「前職の職場では介護度が低いご利用者様が多い施設でした、
しかし、より介護度が高い職場で介護を経験しステップアップしたいと考え転職を決意いたしました」

「コロナ禍による事業悪化で閉鎖となってしまいそれに伴い退職いたしました」

基本的にはネガティブなことは言わず、前向きもしくはどうしょうもない理由だと間違えありません。

 

まとめ

転職理由についてまとめました。

弊社の面接対策ではその方や施設にあった内容を一緒に考えポイントをお伝えしています。

ご登録は下記からお気軽にどうぞ。

会員登録・お問い合わせはこちらから

この記事をシェアする

フェイスブックのシェアボタン

ツイッターのシェアボタン

contact usと書かれた筆記体の画像

求人を紹介して終わりじゃない

介護・看護業界で
自分らしく働きたい人のための
徹底的な就職・転職サポート

今すぐ就職サポートを受けたい方はこちら

まずは話を聞いてみたい方はこちら