なごや医療・介護リクルート

電話の受話器のイラスト

MENU CLOSE
なごや医療・介護リクルート

JOB GUIDE

転職ガイド

志望動機の作り方、考え方

転職ノウハウ

2021/06/09

志望動機の作り方、考え方

面接でほぼ100%

「志望動機はなんでしょう?」

と質問されます。

今日は志望動機の回答の作り方についてです。

質問される理由は?

まず初めに志望動機を聞かれる理由はどんなところでしょうか?

これを考える事でベストに近い答えを作ることが可能です。

私が考える志望動機を聞かれる理由は、

熱意を知りたい

こちらはもっとも思いつく理由ではないでしょうか。

熱意や好意、気に入った点を聞きたくなるのは当然で、

能力があってもやる気や熱意がない人間は通過率はとても低いです。

会社と求職者様のミスマッチを防ぐ

志望動機をお伝えするさいに〇〇できるから。

という内容が含まれることがあります。

しかし、その会社で実現できないとなると早期離職のリスクと感じてしまい、

お見送りの可能性がぐっと上がってしまいます。

 

以上の2点が主な理由だと思われます。

その他にも

・何に惹かれるのか

・今後の会社のリクルートPRに活かすため

・人柄の確認

・なんとなく定例的な質問だから

などなど色々考えられますが、一旦は上記2点に訴求する内容で考えましょう。

 

志望動機の考え方

志望動機は2点考えてください。

面接で回答の際には2点答えるのがベターなのです。

「はい、私が御施設を志望した理由は主に2点ございます。

1つは○○という点、もう1つは○○です。

1つめの○○は~~」

といった流れで回答しますので2点考えてください。

1点目の作り方

こちらはなぜその施設を志望したのかを元に作りこんでください。

「利用者様とじっくり向き合い、寄り添った介護をしたい」

「より利用者様の支えになるよう、○○がしたい」

その施設様に入ったらどういった事が実現できるのか、

何がしたいのかを軸に考えてみてください。

2点目の作り方

2点目はご自身の目指したい姿をイメージしてください。

志望した施設様に入ったらどういった未来が描けるのか、

そのためにはその施設でどういったスキルを付けたいのかから考えます。

「介護士として〇〇なスキルをつけ〇〇を実現したい」

こういったイメージです。

NG例

医療・介護においてもっともNGなのは応募先の施設形態や職種によってできる事が違う点です。

詳細は割愛いたしますが、介護業界は多岐にわたります。

有料ホーム、グループホーム、特養、デイサービス、在宅などなど。。。
職種にも介護職、ケアマネ、相談員、ドライバーなど色々ございます。

施設の形態や職種によって実現できる点が大きくことなってきます。

どのような形で利用者と関わるのかをきちんと理解しておく必要があります。

 

まとめ

本日は志望動機の考え方についてまとめさせて頂きました。

面接で最初に聞かれる可能性が高く、合否への影響力

会員登録・お問い合わせはこちらから

この記事をシェアする

フェイスブックのシェアボタン

ツイッターのシェアボタン

contact usと書かれた筆記体の画像

求人を紹介して終わりじゃない

介護・看護業界で
自分らしく働きたい人のための
徹底的な就職・転職サポート

今すぐ就職サポートを受けたい方はこちら

まずは話を聞いてみたい方はこちら